水平に近い

V.D.は、カルシウムが体に吸収されるのを補助する特長で広く知られており、血中のカルシウムの濃度を操作し、筋繊維の動きを操ったり、骨を作り出してくれます。
汗疱(かんぽう)は手の平や足裏、指と指の隙間などにブツブツの水疱が出る病気で、通常は汗疹(あせも)と呼び、足裏に出現すると水虫と勘違いされるケースもままあります。
子供の耳管の仕組みは、大人のそれと比較すると幅がある上に短い形であり、加えて水平に近いため、様々な細菌が入り込みやすくなっているのです。小さな子供が急性中耳炎になりやすいのは、この事が関わっています。
BMIを計算する式はどこの国も一緒ですが、BMI値の位置づけは各国少しずつ違い、(社)日本肥満学会ではBMI22が標準、25以上は肥満、18.5未満を低体重と決めています。
「いつも時間がない」「手間のかかる付き合いが嫌で仕方がない」「テクノロジーやインフォメーションの進化に追いつくのが大変」など、ストレスを受けてしまう状況は十人十色です。
体脂肪の量は変動が無いのに、体重だけが食事や排尿等により短時間で増減する際、体重が増えた人の体脂肪率(body fat percentage)は低くなり、体重が減ったら体脂肪率が上がるのです。
人間の耳の内部構造は、外側から順番に「外耳(outer ear)」「中耳(ちゅうじ)」「内耳(ないじ)」の3種類に分けることができますが、中耳のところにばい菌やウィルスなどが付いて炎症ができたり、体液が溜まる症状を中耳炎と言うのです。
アミノ酸の一つグルタチオン(GSH)には、細胞の機能を下げたり変異を誘引するような悪影響を及ぼす物質を体内で無毒化し、肝臓の機能性を促すような特長が明らかになっています。
塩分や脂肪分の大量摂取をやめた上で運動に努め、ストレスを蓄積しすぎないような生活を意識することが狭心症を引き起こす動脈硬化を事前に予防する知恵なのです。
UV-Bは、UV-Aよりも波長が短いという特徴があり、大気中に存在するオゾン層を通る際にその一部が吸収されるものの、地上まで届いたUV-Bは皮ふの表皮の中で細胞のデオキシリボ核酸(Deoxyribo Nucleic Acid)を壊すなど、皮膚にとって悪い影響を与えます。
アメリカやヨーロッパでは、新しく開発された薬の特許が切れてから約4週間後には、製薬市場の80%がジェネリック医薬品(Generic drug)に取って代わるという医薬品もあるほど、ジェネリック医薬品(Generic drug)は世界に知られているのです。
ジェネリック医薬品(generic drug)は新薬の特許切れの後に市場に出回る、等しい成分で負荷が少ない(金額が少額の)後発医薬品のことをいいます。
胃食道逆流症の一つである逆流性食道炎は、3〜4日くらい服薬すれば、原則的に9割近くの人の自覚症状は消えてなくなりますが、そうは言っても食道粘膜の発赤や炎症が治癒したとは断言できないので注意が必要です。
「体脂肪率(percent of body fat )」とは、人の体の中の脂肪が占めている比重を指し、「体脂肪率(たいしぼうりつ、パーセント)=体脂肪の量(キロ)÷体重(body weight、キロ)×100」という計算で表すことができます。
比較的若い世代で感染症である結核に立ち向かう免疫を保有しない人々が増加していることや、自己判断のために診断が遅れることによる集団感染及び院内感染が増加傾向にあります。

 

ひとらー!