交渉

現状まるで 出来ていない、それも確かだが、さらにそれを遠ざける方向性を持つこの法律は、
肯定すべき側面も認めるが、

1度通ってしまったら改正は極めて困難な毒を含 んでいるでいるという点で、現時点のこの法律を肯定する事は、国民としての責任と権限の放棄、思考停止宣言に等しいと思っている。
河野談話みたいな経緯で竹島やら北方領土やら尖閣やらの交渉が進められて、というのはまぁ別にこの法律が無かろうがそう進んでしまうのは防ぎよう は無いかもしれないが、 闇金相談 津そこに「法によるガード」が「理論上は人の一生を越える期間で」秘密にする事が可能となる、なんての法律を許容してしまった事は、 私は後の世代に対する現世代の大きな汚点だと思っている。
「安全保障に関し収集した条約その他の国際約束に基づき保護することが必要な情報その他の重要な情報」 「現に行われている外国の政府又は国際機関との交渉に不利益を及ぼすおそれのある情報」

 

ひとらー!