職能主義

まず、日本の一般的な会社は新卒一括採用から始まります。
学生の専門性を見ての専門職採用ではなく、人間性とポテンシャルを見ての採用です。

採用後、どこに配属されるかは分かりませんし、その後も人事異動で全然畑違いの部署に異動することも多々あります。
これは、「専門性」ではなく「人間的な職業遂行能力」を根拠とした採用で プリウス 安く買う、かつ長期雇用を前提としているため一か所で専門的な音だけやらせるのではなく会社の色々な部門を経験させることで「その会社で働く」ための能力を総合的に鍛えようという発想です。
長期雇用だからできる、長期計画的な育成です。
部署に求められる専門スキル雇用ではないかららこそ、ある部門でパフォーマンスが悪くても、あるいはその部署自体が消えても、別の部署に異動させることで雇用は維持できるという発想です。
職能主義と対照的なのが欧米に見られる「職務主義採用」です。 文字通り「職務」に基づく契約です。 職務とは、その組織・そのポジションで行うべき職業的な義務の定義(ジョブディスクリプション)です。 例えば、経理のプロ、社内譲歩システムのプロ、営業のプロ、生産管理のプロなどです。

 

ひとらー!