アメリカの政財界からも

事実、タイムズあたりからは、イギリスらしいもって回った上品な言い回しで

「日本の有権者バッカじゃねーのwwwww こんな世界情勢の中、見事な経済政策やって何とか日本の景気を立て直しつつあった首相を追い出すなんざwww」

と思いっきり嘲笑されてるし。

一応友好的な関係を結んでいるはずのイスラエルの新聞からも

「・・・・・あたまだいじょーぶか、日本人?」

みたく書かれたし、アメリカの政財界からも

「この全世界不況時に、何とか一国で踏ん張って世界経済を支えてた日本経済を、こんどは経済ド素人の民主党がどうにかしようってか?それ無理だから!つーか、すげーーめーわくだから!」

ってあきれられてるし。

逆に、当然といえば当然だが、ば姦国の新聞はこぞって鳩山政権誕生を大歓迎してやがる。

在日チョーセンヒトモドキの参政権取得にこれで道が開けたとか、鳩山の友愛外交路線で日韓関係が改善する(=日本からさらに謝罪と賠償を引き出せる)とか、大はしゃぎしてやがる。

イギリスの新聞に皮肉書かれてもたいしてこたえないが(ジョンブルにとっては呼吸=皮肉だからな!)姦国の新聞ごときに喜ばれるって、こんな屈辱があるかっての・・・・・あーーーむかつく!!!

 

ひとらー!